クマの色の違いによる原因と対処法

query_builder 2022/08/21
コラム
6

「たっぷり寝たつもりでも、目の下のクマが消えない」とお悩みの方は少なくありません。
実は、クマの種類によって原因や対策が異なるんです。
クマの種類については色で見分けることができますので、クマの色の違いによる原因と対策をご紹介したいと思います。

▼クマの色の違いによる原因と対処法
目の下にできるクマには、主に3つの色に分けられます。

■青クマ
青いクマが現れる原因は血行不良で、目の下の皮膚を伸ばすと青色が薄くなるのが特徴です。
目の下の皮膚は他のよりも薄いため、血行が悪くなると毛細血管が目立つようになります。
年齢に関係なく、血行が悪くなると誰でも現れるでしょう。
ホットタオルで目元を温め、軽い運動を行って血行を良くするのが青クマ対策として効果的です。

■茶クマ
茶色く見えるクマは、色素沈着が原因です。
目を擦る癖のある方や、メイクが落としきれていない場合に出やすくなります。
加齢や肌の乾燥などでも色素沈着を起こしやすくなりますので、目の周りを擦らないようにし、しっかりと保湿を行いましょう。

■黒クマ
目の下の皮膚がたるんでしまうことで影ができるようになると、黒いクマが現れるようになります。
茶クマと見分けがつきにくいですが、上を向くと薄くなる場合は皮膚のたるみが原因による黒クマです。
表情筋のトレーニングなど目元の筋力を鍛えることで、改善が期待できます。

▼まとめ
目の下のクマの原因は、クマの色によって異なります。
血行不良で起こる青クマの場合は血行を良くし、色素沈着で起こる茶クマなら目の周りの摩擦に気を付けるようにしましょう。

目の周りの筋肉を鍛えることで、たるみが原因の黒クマの解消につながります。
『やまぎし眼科IPLスキンケアクリニック』では、セルフケアでは改善が難しいお肌の悩みについてサポートさせていただきます。
目の下のクマやくすみ、肌のハリ艶についてお悩みの方は是非ご相談ください。

記事検索

NEW

  • 逆さまつげの対処法を知りたい

    query_builder 2024/04/05
  • 逆さまつげの種類や原因を知りたい

    query_builder 2024/03/03
  • 眼底出血の原因を知りたい

    query_builder 2024/02/01
  • 眼底検査とは?

    query_builder 2024/01/02
  • 眼精疲労の症状と予防法

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE