医療脱毛が痛い原因と対策

query_builder 2023/02/15
コラム
34

医療脱毛をご検討中の方は、施術中の痛みが気になるのではないでしょうか。
今回は、医療脱毛が痛い原因と対策をご説明します。

▼医療脱毛が痛い原因と対策
脱毛時の痛みを少しでも軽減したい方は、以下の点に気をつけましょう。

■日焼け
日焼けをした肌の内部ではメラニン色素が大量に作られるため、脱毛期間中は日焼け対策が重要です。
医療レーザーがムダ毛ではなくメラニン色素にも反応してしまうため、日焼け後は痛みが強まる可能性があります。
日焼けして肌が炎症を起こすと、痛みだけでなくやけどのリスクが高まるうえ、日焼けの程度により脱毛に通えなくなるので注意しましょう。

■肌が乾燥している
乾燥している肌は、肌のバリア機能が失われていて敏感な状態なため、痛みが出やすくなります。
脱毛時だけでなく脱毛後の肌トラブルも起こしやすくなってしまうので、脱毛期間中は肌を乾燥させず丁寧にお手入れすることが重要です。

■生理中で肌が敏感になっている
生理中でも部位によっては施術は可能ですが、生理中の肌は荒れやすくとても敏感な状態です。
医療脱毛の痛みが気になる方は、生理中を避けて施術を受ける方がいいでしょう。

▼まとめ
医療脱毛が痛い原因は、肌の状態により痛みが強く出てしまうからです。
脱毛期間中は、日焼け対策や保湿をして肌の調子を整えましょう。

肌の調子がよくなることにより、脱毛時の痛みだけでなく脱毛後の肌トラブルも軽減できます。
当クリニックでは、厚生労働省の薬事承認を受けたライトシェアデュエットを使用し、痛みを最小限にして短時間での施術が可能です。
脱毛の痛みが気になる方は、ぜひ1度ご相談ください。

記事検索

NEW

  • 逆さまつげの対処法を知りたい

    query_builder 2024/04/05
  • 逆さまつげの種類や原因を知りたい

    query_builder 2024/03/03
  • 眼底出血の原因を知りたい

    query_builder 2024/02/01
  • 眼底検査とは?

    query_builder 2024/01/02
  • 眼精疲労の症状と予防法

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE