気をつけて!紫外線対策は日焼け止めや日傘、帽子だけでは不充分!

query_builder 2022/07/02
ブログ
0A564DF4-9CA5-415A-8405-1CBE795919FF


はじめまして。

このたび、城南区でやまぎし眼科IPLスキンケアクリニックを開業いたしました、院長の山岸です。

すっかり暑くなりましたね。皆さん、紫外線対策、どうされていますか?


今回は
紫外線対策について、意外と知られていない盲点について、眼科と美容皮膚科のクリニックならではのお話をしたいと思います。


当院でおこなっているフォトフェイシャルは、施術後の患者様に日々していただく紫外線対策が、重要ですし、肝斑・美白内服をされている方に取っても同様です。


紫外線対策というと、日焼け止めを肌に塗ったり、日傘や帽子、アームカバーなどとが思い浮かぶ方が少なくないのではないしょうか?

肌の紫外線対策は、日焼けや皮膚疾患を防ぐために、もちろん重要ですが、実は、

目に対しても紫外線対策をしないと、日焼けと同じ症状を引き起こしてしまうのです!

それでは、なぜ、目から紫外線が入ると日焼けのような症状が起きるのでしょうか。

脳は目から入った光によって、見ているものの明るさや色、形などを判断します。

光の一種である紫外線が目に入ると、同じように脳に伝わりますが、紫外線は光の中でもエネルギーが強いので、脳が「強い日差しが目に入ってきた」と判断してしまいます。

そのため脳は、身体がその日差しに負けないように、肌にメラニン色素を出すように命令を出します。

このメラニン色素が、ご存知のとおり肌の色を浅黒くさせる原因です。

このような仕組みで、肌に直接紫外線が当たったときと同じように「目からの日焼け」が起きると言われています。


目に紫外線が入ると日焼け、シミなどの原因になることに加え、思わぬ目のトラブルにつながる可能性も。。。


紫外線は目の中で蓄積されるため、白内障や他の眼病を引き起こすリスクもあります。

目は、交換できない臓器と言われています。デンタルケアや食生活で歯や内蔵の健康を意識するように、生涯健康でよく見える目を保つために、目の紫外線対策も大切です!


肌とは違って日焼け止めを塗ることができない目の紫外線対策には、サングラスが有効です。ただし、UVカット機能がついているかどうかは必ず確認するようにしましょう。


どうか、夏の強い紫外線からしっかり守って、肌にも目にも優しい夏を過ごされてくださいね。



※当院では 肝斑・美白内服セットとして

シナール、トラネキサム酸、ユベラ、を28日分、3619円(税抜)で処方(自由診療)しております。





記事検索

NEW

  • 近視と遠視の違いを知りたい

    query_builder 2024/05/03
  • 逆さまつげの対処法を知りたい

    query_builder 2024/04/05
  • 逆さまつげの種類や原因を知りたい

    query_builder 2024/03/03
  • 眼底出血の原因を知りたい

    query_builder 2024/02/01
  • 眼底検査とは?

    query_builder 2024/01/02

CATEGORY

ARCHIVE